風俗嬢をとことん攻めてみた話

ドタキャンの時に本当に助かる

ドタキャンされると、事情が事情なだけに仕方ないよなと思える時もあれば、信じられないという気持ちになることもあるんですけど、最近はドタキャンされてもそんなに困らなくなりましたね。なぜならドタキャンされたら風俗を楽しめばよいって気持ちになったんですよ。それなら文句なしと言うか、風俗はいつでも楽しめるじゃないですか。ドタキャンされたとしても、風俗だけはそこから女の子を見つけて楽しめるんです。他のサービスだとさすがにこう上手くは行かないんじゃないかなって思うので、本当にありがたい話ですよ(笑)ドタキャンって社会人になると致し方ないって思う時もあるんです。急に残業が入ったり、クライアントから無茶な要望が来たり。だからドタキャンされても良い体制を整えておくことも大切だと思うんですけど、風俗という強み方があるので、ドタキャンされてもそんなに困らなくなりましたね。むしろドタキャンされでも楽しいことが待っているんですし。

気になるのはお尻かな

お尻フェチって訳じゃないんです。むしろそれまで全然興味がなかったんです。それなのに、最近ではお尻にやたらと目が行くようになりました。この前の風俗でもそうでした。相手の風俗嬢のCちゃんは、決してお尻だけじゃなく、胸も大きいし形も良いし、ウエストのくびれだって美しいし。それなのにです。なぜかやたらとお尻にばかり目が言ってしまったんですよね。コンパクトで引き締まっているお尻を見て、なんて綺麗なんだろうと。そんなことを思うようになったのは、それだけ自分が歳をとったからなのか、それとも単純にお尻の良さに気付いたのか。いわゆる「美尻」を見ると、男としてそそられるのは間違いなんですよ。こちらの性的な興奮をナチュラルに高めてくれると思うので、風俗ではついついお尻に視線が言ってしまうようになったんですけど、それはそれで仕方ない事なのかなって。むしろ、そんな自分を楽しむようになってきたので、風俗がより楽しくなっています(笑)