風俗嬢をとことん攻めてみた話

攻め込むのも好きだからこそ

風俗では攻められるのも好きですけど、それ以上に攻めるのが好きなんです。女の子を攻めて、どんな反応を見せてくれるのかを確かめて、そして自分もさらに興奮する。それが自分の風俗の楽しみ方なんです。でも、マゾにこだわっている訳じゃないんです。むしろマゾじゃなくて強気だったり高飛車そうな風俗嬢を攻める方が燃えますね(笑)マゾを攻めるのは当たり前の展開じゃないですか。そうじゃなくて、強気そうな風俗嬢を攻めて、それまでの勝ち気でややもすると偉そうな表情から、一気に女の表情へと変化するのが好きなんですよ。だから相手には特にこだわらないですね。どんな相手であっても、自分なりにガンガン攻めて、どんな反応を見せてくれるのかを確かめつつ、最後は自分も絶頂にまで導いてもらう。これが自分の風俗の楽しみ方の定番になりますが、攻めるのが好きという自分の性格、目的があるので、風俗では迷うことなく楽しめるているので、目的を持つのは大切ですね。

どうすべきかなと迷うのも幸せ

誰を指名するのかや、どのジャンルにするのか。それらを楽しむのまた風俗だからこその楽しみなのかなって思うんですよね。女の子を選ぶっていう行為そのものが、自分にとっては非日常そのものなんです。風俗以外ではまず出来ないことですしね。だから風俗って、女の子と楽しむだけではなく、どうすべきなのかであれこれ考えるのもそれはそれでとても楽しいことなんじゃないかなって。むしろそれもまた、風俗の楽しさの一部でもあるんじゃないかなって思うようになってきたんですよね(笑)そう思えるようになってからは、迷う事もまた、ぜいたくなことだって自分に言い聞かせて楽しむようになりましたね。そのくらいの方が、現実的に案外楽しかったりするんです。それに、単純に考えて風俗って本当にいろんあnジャンルがあるじゃないですか。あれこれ選んでいるだけでもそれはそれでとっても楽しい物なので、実際問題、いろいろと楽しませてもらっていますけどね。