風俗嬢をとことん攻めてみた話

気持ちこそ一番だからこそ

風俗も接客業じゃないですか。「風俗」というジャンルではありますけど、じゃあ細かく分類するならどんな産業なのかって言ったら、間違っても製造業ではないと思いますし、農業でもないですよね(笑)明らかにサービス業だと思うんですけど、サービス業だからこそ、風俗は接客というか、相手がどうやって接してくれるのかという点が大きいんじゃないかなって思うんですよね。正直、相手の外見がそこまで好みではないって思っても、愛嬌があればそれだけで許せるって男、多いと思うんですよね。愛嬌があるだけで別に構わないというか、それだけで十分だろうって思っている男はきっととっても多いと思うんですよ。自分もそうですよ。ビジュアルとかスタイルは全く関係ないとは言いませんけど、それ以上に愛嬌とか愛想。言うなれば接客の姿勢そのものですよね。それらさえよければ、ルックスやテクニックなんて十分に補えるものなんじゃないかなって思いますしね。

見どころ満載のホームページだった

どんなホームページを持っているのかは、現代社会のすべての企業に問われている部分ですよね。立派なホームページを持っていれば、それだけでもステータスだと思うんです。風俗もそうですよね。しっかりしたホームページを持っている風俗店の方が信頼出来ると思うんです。だから風俗で遊ぶ際、ホームページを確認するのは料金や女の子の確認だけじゃなくて、ホームページそのものを見てどんなスタンスで営業しているのかを確認する意味合いもあるんですよ。そこからいろいろなことが見えてきますしね。前回選んだ風俗店のホームページも見どころ満載でしたね。あれだけホームページに力を入れているなら、絶対に失敗しないだろうって確信もありました。女の子のプロフはながく、ブログもしっかりと更新されていて。そこまでしていれば完璧だなって思ったのでそこから女の子を選んだんです。相手をしてもらったのはRちゃんという美人でしたけど、文句なしですね。